歯科医院の医療事務の仕事内容

歯医者の医療事務の仕事内容は、受付、会計、電話応対など医院の場合と同じように窓口対応が中心です。また、歯医者で違いはありますが、歯科助手業務を行う場合があります。具体的には治療器具の消毒、受け渡しなどを行います。また治療の際、バキュームといって口の中にたまった唾液や歯を削ったときの削りかすなどを吸う器具を使うのですが、術者が仕事がしやすいようにそのバキュームをもって、適宜吸い込むといったことも行います。歯科衛生士が読み上げた検査結果を記録するといった仕事もあります。窓口業務では、薬をお渡しすることがあります。この点も一般のクリニックと異なる点です。

歯科医院にも必要な医療事務

歯科といえども他の病院やクリニックと同じで、国民保険や社会保険など保険制度を使っての診療を行っています。つまり自治体や社会保険の支払基金に保険請求を行うわけですので、レセプトの作成を行わなくてはいけません。そうしますと、医療事務の方の出番となってきます。診療の傍らで保険請求を行うのは、時間のことも考えると難しい点があります。歯科治療のどんな治療がどういった保険点数に該当するのか、日々の診療の患者さんのお会計を計算するだけでなく、その後の保険請求を適正に行うためにも、医療事務の能力が必要不可欠となります。

↑PAGE TOP