歯科ではケアを行えます

歯科に通うことで虫歯を治すことができ、定期的なケアも行ってもらえます。歯をメンテナンスしておくことで、将来も歯を残すことができるため食生活などが負担なく送れるようになります。歯周病のケアなどは若いうちから行っておくことが大切ですので、かかりつけの歯科を作って自分の歯の状態を把握しておくことも必要になります。まずは定期検診などから始めてみることで、自分の口内トラブルに気づくことができるようになります。

歯科で施術してくれること

歯科とは歯の治療だけが仕事ではありません。もちろん歯が痛くなったりしたら駆け込むのがこの病院ですが、歯が痛くならなくても定期的に通い、虫歯予防をしたり、歯周病の検診を行ってくれる場所です。その他にも、歯科では歯石除去や、たばこやステインによる歯の黄ばみの洗浄、歯磨き指導や、歯並びの矯正など様々な歯にまつわる施術をしてくれます。どうしても虫歯の時に歯を削るドリルの怖いイメージが先行しがちですが、日常的に利用すればそれも払拭され虫歯予防もできます。

↑PAGE TOP