歯科医院は医療事務の資格有利

歯科医院で受付けの仕事をしたい場合には、医療事務の資格があると有利です。受付け担当者の主な仕事内容は、受付け対応や予約、問い合わせ等の電話対応、患者さんの情報をパソコンのデータに入力、診療報酬明細書であるレセプトの作成等があります。レセプトを作成する際には専門的な知識が必要となるので、それを習得した結果である医療事務の資格があると、慌てる事なくスムーズに仕事に入れます。歯科医院を訪れる多くの患者さんは歯や口に関する痛みや悩みを抱えている人なので、事務作業の他に、患者さんと接する時の明るい笑顔や優しい気遣い等も求められます。知識のない未経験者を積極的に採用している所もありますが、長く医療の世界で事務職をしたいなら、早い段階での取得をお勧めします。

医療事務についての説明

歯科医療事務についての説明ですが、この事務作業に起きましては、お会計をしたりまたは予約の確認予約の確保をしたりします。また予約時間になっても歯科に電話にて確認をしたりします。またキャンセル等の受付や、予約順番の確認診察室会の案内様々な業務を行っております。またときには石の補助をしたりします。その他にも雑用、トイレットペーパーや事務用品等の書類購入などをする作業も行っております。また、患者様の炎やカルテの管理こちらも行うのが事務作業になります。また営業後の掃除なども行っております。雑用が多いですがその分給料も高めに設定されている時があります。

↑PAGE TOP