マウスピース矯正の場合

従来のワイヤーを使った矯正は症例に合わせ事前に治療期間を予測することができますが、マウスピース矯正は取り外しのできるマウスピースを患者さんがどれだけ装着しているか、という協力度に依存するため予め正確な期間を予測しにくいと言えます。移動する歯の数や距離また年齢によっても異なります。推奨される装着時間は一日のうち17時間から20時間で、目安では上下のいずれかの顎で3ヶ月から10ヶ月、両顎で4ヶ月から1年半と言われています。

↑PAGE TOP