医療事務管理士の資格取得

医療事務管理士には医科と歯科とがあります。医科とは歯科以外の診療科のことを指します。同じ医療事務であっても内容が異なるためにこのように分けられています。この資格試験は偶数月の第4土曜日に行われます。実技と学科とがあります。実技は、模擬カルテから診療報酬を計算を作成する問題です。3時間の制限時間内にボールペン書きで、レセプト点検問題1題とレセプト作成問題2問を解きます。学科はマークシート式で医療保険制度に関わる問題や点数算定に関わる問題、疾患に関する問題があります。実技・学科ともに70%以上の正解で合格となります。試験実施の頻度から考えても比較的取得しやすい資格です。

医療事務関係仕事している人

歯科で医療事務関係の仕事をしている人は沢山いますが、この仕事はとても難しいので慣れるまではとても大変です。最近ではこの業務に関して技能認定試験が行われているので、試験を受けて合格して認定を受けている人が沢山います。歯科の医療事務に関する技能認定試験を受けることにより知識を沢山得ることができるので、試験に合格するためと言うだけではなく知識を増やすために勉強している人もけっこういます。詳しいことを知らないと仕事をしていて困ることも色々あるので、この仕事をしている人の多くが毎日一生懸命勉強しています。

↑PAGE TOP